MENU

Booking.comとHotels.comを比較!どっちがいいか9つの観点でチェック!

記事内に広告が含まれる場合があります

今回は、Booking.comHotels.comを比較していきます。

どちらも魅力的な特徴を持ってるので、それをこの記事ではみなさんにお伝えしていきますね!

特にHotels.comはBooking.comに比べて、ホテルに特化している珍しい旅行予約サイトなので、これを機に、Hotels.comデビューしてみるのもいいでしょう。

この記事を読み終わったあとにはBooking.comはもちろん、Hotels.comについてもマスターできること間違いなし!

ぜひ自分に合った旅行予約サイトで、素敵な旅行をしましょう。

目次

Booking.comとHotels.comを比較

それでは、どういった点で比較していくのかまずまとめますね。

全部読むのがベストですが、特に気になる項目や、必要な項目だけでも大丈夫です!

料金の安さ

ホテル自体の料金が安いのは、Booking.com

同じ条件で2つのサイトで検索しても、Booking.comのほうが最低価格が安い印象でした。

Booking.comが取り扱っているそのような安い物件は、ホステルや、民宿など、そもそもの相場が低いタイプのものが多かったです。

Hotels.comもゲストハウスなどで検索をかけられますが、取り扱っている数が少ないので行きたい地域ではヒットしなかったり。。。

つまり、Booking.comのほうが取り扱っているホテルの種類の幅が大きいということですね。

「そこまでホテルにお金をかけられない」という人はBooking.comで値段が低い順に設定して調べてみることをおすすめします。

割引率

割引率はBooking.comとHotels.com、どちらもそこまで変わりません。

実際に割引率を表にして比較してみましょう。

割引率
Booking.com20~30%
Hotels.com10~25%

表を見てみると、若干Booking.comのほうが割引率が高そうですが、物件によって割引率は変わってくるので、自分が気に入った物件がたくさん割引されているといいですよね。

Hotels.comは割引よりもお得なキャンペーンも行ったりしてるので、後ほど紹介しますね。

会員特典

会員特典は、Hotels.comのほうが充実しています

それぞれの会員特典を見てみましょう。

Booking.com

Booking.comは「会員ランク制」をとっています。

Geniusレベル1Geniusレベル2Geniusレベル3
条件会員登録のみ2年間で5回宿泊する2年間で15回宿泊する
特典10%OFF
※対象施設のみ
対象施設で10~15%OFF
朝食サービス
客室アップグレード
※対象施設のみ
・対象施設で10~20%オフ・レベル2の特典・優先サポート付き
※全ての宿泊施設対応

Geniusマークが付いているホテルが対象となっています。

また、このGeniusマークがもらえるホテルは、口コミ評価が高い物件だけなので、安心して特典を受けられます。

有効期限もないので、焦ってたくさん利用する必要はありません。

Hotels.com

Hotels.comは「会員ランク制」と「ポイント制(スタンプ)」を取っています。

会員ランクリワードリワード シルバーリワード ゴールド
条件登録期間内にスタンプを
「0~9個」貯める
登録期間内にスタンプを
「10~29個」貯める
登録期間内にスタンプを
「30個以上」貯める
特典会員価格で宿泊が可能
※対象施設に限る
無料の朝食
WiFi 利用
スパの優待クーポン
※いずれもVIPアイコンが表示されている施設が対象
部屋のアップグレードが無料
レイトチェックアウト
アーリーチェックイン
※いずれもVIPアイコンが表示されている施設が対象
  • スタンプ:一泊するごとにもらえるポイント。対象施設に限る。
  • 登録期間:アカウント作成日から1年間有効。2年目以降も1年目と同じく1年間有効。

また、上の表とは別に、Hotes.comならではの特典があります。

それが、「10泊すると1泊無料」というサービス。

会員登録をすれば自動的にこのサービスに参加できるので、面倒な作業は必要ありません。

定期的にホテルを利用する人には、とてもありがたい特典ですよね。

ちなみに1泊無料になる金額は、10泊の平均金額です。

物件掲載数

物件掲載数は、Booking.comのほうが多いです。

Booking.comHotels.com
掲載数約660万軒数10万軒

この表を見てみても、圧倒的にBooking.comのほうが取り扱っている数が多いですね。

やはり、料金の安さのところでも述べた通り、Booking.comは民宿やホステルなどホテル以外にもさまざまなジャンルの宿泊施設を取り扱っていることが表れています。

また、メディアでもBooking.comのほうがよく見られることから知名度もあり、たくさんの宿泊施設がBooking.comに掲載したいと思っているのかもしれませんね。

Hotels.comはこの点ではこれからもっと成長していってほしいですね。

口コミ数

口コミ数については、Booking.comは公式HPにリアルタイムで載せられていますが、Hotels.comは特に表記はありませんでした。

ちなみにBooking.comは約400万件以上。

しかしこの数値は、日々変動します。

リンクを貼り付けておいたので、気が向いたらぜひ一度見てみてください。

Hotels.comは、口コミ総数はないものの、下の画像のように、各ホテルに対しての口コミ数は載っているので、逆にわかりやすいかもしれませんね!

ホテル選びの際は、このように口コミ数とその内容を見てみると、どのホテルがいいか決めるアドバイスになります。

口コミ数が多くても、悪い内容ばかりだったら、そのホテルはおすすめしません。

ぜひ口コミを利用しましょう!

セールの種類

セールの種類はBoking.comのほうが充実しています。

それぞれが行っているセールを詳しく見ていきましょう。

Booking.com

Booking.comではセールページが用意されています。

上の画像のように、季節にちなんださまざまなセールを用意しているので、どの時期に旅行に行っても、何かしらのセールが受けられること間違いなし!

なので、Booking.comでホテルを探す際には、一度このセールページを見てみるのがおすすめです。

Hotels.com

Hotels.comは、不定期開催でセールを行っています。

これはXでのHotels.comの公式アカウントですが、上記の投稿の内容は、抽選で最大6万円のクーポンがもらえるというものです。

当たればとてもありがたいですが、5名しか当たらないのでなかなか難しい賭けですよね。。。

Xのアカウントがあれば誰でも簡単に参加可能なので、Hotels.comのアカウントをフォローしてセールのお知らせをいち早く確認しましょう。

決済方法

それぞれ決済方法は、いくつか用意されているので困ることはなさそうですね!

表にして詳しく見てみましょう。

Booking.com

支払方法支払いタイミング決済方法
デポジット制
(一部or全額)
デポジットとして、予約時に宿泊料金の一部or全額を支払い。
前払い残りの分は現地で支払い
ほとんどがカード決済。
施設によってはPayPalやデビットカードにも対応しているところも
現地支払全額を当日現地支払い宿泊施設による

デポジット制とは前払い制のことで、先に宿泊料金を払っておくことでそれが予約保証となり、予約が有効になります。

私が何度もBooking.comを利用してきた限り、デポジット制しか経験しませんでした。

私は特にトラブルはありませんでしたが、もし二重請求などのトラブルが発生したときは、デポジットで払ったときのメールや電子請求書を用意してカスタマーセンターに相談しましょう。

Hotels.com

Hotels.comでは支払いタイミングが2種類になっています。

支払い方法支払いタイミング支払い可能手段
オンラインで今すぐ支払い予約時クレジットカード、デビットカード、PayPal
宿泊時に現地で支払い現地到着後クレジットカードまたはデビットカード

対応しているクレジットカードは下記で、どの支払い方法でも利用可能です。

  • Visa
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club
  • Discover

かなりのカードが対応しているので自分が払いたいカードで払えます。

【関連】海外旅行におすすめのクレジットカード

得意とする地域

それぞれの本社と得意とする地域を表にしてみましょう。

Booking.comHotels.com
本社オランダ・アムステルダムアメリカ・テキサス州
得意とする地域ヨーロッパ圏やオーストラリアヨーロッパ圏

どちらもヨーロッパ圏を得意としていますね。

Booking.comとHotels.com、両方に掲載されているホテルは、どちらか安いほうを確認しましょう。

また、片方にしか掲載されていないホテルもたくさんあるので、条件に合うホテルがなかなか見つからない場合は、もう一方で探してみるという手もありです。

手数料

手数料はBooking.comでは取られません。

Hotels.comは、サービス料というものが合計金額に含まれています。

Booking.comは公式HPでも、予約手数料なしを売りにしています。

Booking.com へ予約手数料を払うのですか?

「Booking.com公式HP ヘルプセンター」より引用

手数料はできれば払いたくないですよね。

なので、手数料がないBooking.comはありがたいですね。

一方、Hotels.comはサービス料という名目で合計金額に含まれています。

しかし、下の画像のように、サービス料がいくら取られているのかわからないので、確認できないのが残念。

サービス料を支払うだけの対価があると思えば、ぜひ予約しましょう!

Booking.comとHotels.comはどっちがいい?

ここまで2つの旅行予約サイトを比較してきましたが、具体的にどんな人におすすめなのか分けていきます。

自分が求める条件とより合うほうを最初に見てみることをおすすめします。

Booking.comがおすすめな人

Booking.comがおすすめな人は、「ホテルによく宿泊する人」です。

会員特典の内容として、「宿泊するホテルに対してのサービスがグレードアップ」などがあるので、たくさん宿泊してマンネリ化してきた人にもぴったり。

特典を利用することで、朝食無料サービスや客室アップグレードなど、いつもとは違うサービスを受けられるので、非日常感を味わえます。

会員ランクアップグレード自体も、よく宿泊する人ならそこまで難しい条件ではないので、ぜひたくさんBoking.comを利用して、より良い特典をゲットしましょう。

また、物件掲載数も多いので、同じ地域に旅行に行っても違うホテルに泊まれるので飽きません。

【関連】Expediaの口コミ・評判

Hotels.comがおすすめな人

Hotels.comがおすすめな人は、「ホテルにこだわりたい人」です。

Hotels.comは良くも悪くもホテルに特化しており、航空券やレンタカーなどは予約できないので、ホテルのみ探している人におすすめです。

検索条件も以下のようにたくさんの要素があるので、自分の条件にできるだけ近く設定して検索できます。

  • 有名観光スポットから近いホテル
  • スパあり
  • ペット可
  • バリアフリー(車いすで利用可能なシャワー、エレベーターなど)
  • LGBT+への配慮
  • 目的に合ったホテル(ビジネス利用・家族旅行利用など)

こう見ると、なかなかマニアックな条件だったり、ありがたい条件もありますよね。

Hotels.comを利用する人は、ぜひこの充実した検索機能を使って、自分が気に入るホテルを見つけましょう!

【関連】Hotels.comの口コミ・評判

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

旅行系のサービスを活用した旅行に役立つ情報を発信しています。旅行をもっとお得に深く楽しみたい方は当サイトを要チェック!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次